オフィスレイアウトのポイント

バナー

オフィスレイアウトのポイント

オフィスの空間を設計する上で、レイアウトのデザインは欠かせません。現状のオフィスレイアウトやコミュニケーションスペースを分析し、普段の業務や環境を考慮した上でレイアウト設計(ゾーニング、動線、通路の確保)をする事で、作業効率が、ひいては業績がアップします。



空間が限られた小規模オフィスでは、個人の業務に必要なパーソナルスペースの大小が全体の効率に影響してきます。

朝日新聞デジタル関する情報探しのお役に立つサイトです。

一般的には、社員1名に対して最低でも6平方メートルと言われています。

パーソナルスペースを縮小する祭にはいくつか考慮しなければならないポイントがあります。

開発など周囲とのコミュニケーションが重要となるオフィスと、制作や設計といった作業に集中する環境が必要なオフィスではオフィスレイアウトが変わってきます。最もコンパクトな島型(対向式)レイアウトはコミュニケーションに向き、個々の作業が必要な場合ではパーテーションを設けるか卍型レイアウトにする必要があります。
パーソナルスペースを縮小することで業務にストレスの負荷がかかるようでは失敗です。

個人保有の物を減らし共有化することでスペースを確保し、オフィスレイアウトの空間に余裕が出る様に工夫するのもデザインの内です。



また、小規模オフィスである場合、会議室や応接室など目的別に個別エリアを設けるのは困難なため、多目的スペースを設けるという方法もあります。什器や備品によって工夫をすればいかようにもできるため、レイアウトとともに熟慮しましょう。

Copyright (C) 2015 オフィスレイアウトのポイント All Rights Reserved.